上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手に鳥撮りシーズンと決め付けていますが・・・。

11月もこの頃になると紅葉シーズンも終了ですね。

それと同時にウェークデイなどは私的な時間も少しずつ

作れるようになってきます。



家族の顔色を見ながら・・・(笑)

明日の朝は○○方面へ鳥撮りにィーーー・・・・。。

と、少しいいづらくは有りますが切り出して見ます。

『そうだろ~と思ったよ!』という空気が流れていますが

申し訳ない気持ち40%位のなか、鳥倉方面へ出かけて見ました。


日の出前の赤石岳
akaisi1
この時期の赤石岳は迫力が有りますね。

昨年もこの頃に訪れてとても感動した覚えがあります。


日の出が始まると、光と影の幻想的な世界が広がります。
akaisi2
山の上は光線が強いので、まるで矢が放たれたように
強烈な光が突き抜けてゆきます。


さてさて。。

鳥さんたちも期待通り!(クリックで写真が大きくなります)

先ずは、『ベニマシコ』
冬の鳥は殺風景になりがちですが、背景に緑が入ったので綺麗に撮れました(嬉)
benimasiko


ジョウビタキは里や町でもよく見かけますが
とても人懐っこい鳥さんです。この子はメスのジョウビタキ。
jobimesu


ルリビタキのメス。
二枚目の茶色い物は『ヌルデの実』。
食べると、乾燥梅干の様なショッパイ味がします。
子供の頃に横浜中華街で売っていたワームイを思い出しました。
rurimesu
rurimesu2
この実は、村のあちらこちらで見かけますが十中八九
なにかしら、鳥が食べに来るんです!
因みに、竹やぶの近くにこれがあったりすると大概ルリビタキを
見ることが出来ますね~。



これは『カシラダカ 』と言う冬鳥。
名前の通り、頭の天辺がリーゼントのように盛り上がっています。
遠くからだと見た目も地鳴きもホオジロとにています。
見分ける時にはやっぱり頭の天辺をよく観察すること!
kasira1
kasira2


写りがイマイチでしたが『アオゲラ』
突然やってきて、電光石火のスピードで行ってしまいました。
aogera


最後につぐみん!
この時期には、団体さんでよく見かけます。
体が大きいので直ぐに見つけられます。
tugu

これだけ撮れると、流石に大満足!!

喜んでいるのは私だけと感じているのは私だけ?
気のせい?

でしょうね・・・・・。。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。