上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sikanamahamu.jpg
去年の冬に創りためておいた鹿の生ハム。
同じく創りためたスモークアルプスサーモン。
よく熟れたトマトにモッツァレラと大鹿豆腐。
自家農園の摘みたてバジル。
秘湯の会「熊本 寒の地獄」の女将さんが送ってくださった酢橘をひと絞り。

そして味の決め手は自家製の「山塩」

手作りでシンプルな具材をシンプルな味付けで食べる。
自分の好みでつくった生ハムもサーモンも当然自分好みで旨い。

フレッシュバジルと山塩の相性が抜群。
自画自賛の一皿は、そのとき、その時期に採れたもので中身が変る大鹿流。

適当ないい加減さが良い結果をもたらしているのでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。